病院

乳癌の治療で治せる|生命を維持する為に!

病院での取り組み

困っている中年女性

やさしい乳癌治療ガイド

乳癌の治療を受けるためにも、信頼できる医院を見つけておくことが大切です。様々な治療法があるので比較して決めておこう。

基本を知る

乳癌は現代の女性の間で増加の一途をたどっており、女性がかかる癌の中でも罹患者数が1位を占めています。乳癌は乳房や乳首にできる癌で、肺やリンパ節に転移しやすい特徴を持ちます。乳癌の治療の基本は手術で癌を取り除いていくことです。昔は大胸筋から大きく切除していく治療が主でしたが、最近はできるだけ乳房を残しながら小さく切除する温存療法が増えています。この手術とともに放射線療法を行う場合も多く、放射線が癌を死滅させて再発や転移を防いでいきます。他にも、抗がん剤を用いた化学療法を行う治療もあります。この治療はほとんどが外来で行われ、先に乳癌自体を化学療法で小さくしてから手術を行う方法も取られます。そしてホルモン療法では、女性ホルモンのエストロゲンの影響を抑えていき、癌の増殖や予防を行っていく治療法となります。

癌の進行に注意

乳癌の治療の流れは、一般的に手術から入ります。しかし、治療前にはいろいろな検査で乳癌がどのような状態にあるのかが詳しく調べられ、状態によっては手術ができない場合もあります。具体的には、進行してしまった状態で他の部位に転移した場合や増殖が大きい場合です。こういった事態は進行性の癌やステージが高い状態となるため、手術での切除が難しくなり患者の負担も大きくなります。そのため、化学療法や放射線療法をまず行っていき、癌の様子を見ながら手術に踏み切るかを検討していきます。乳癌は初期症状がほとんどなく、気づいたときには進行している可能性が高いです。早期発見が治療での完治も高くなり、患者の肉体的・精神的な負担を抑えてくれます。40歳以降からは検診を進んで受けるようにし、それ以前からも日頃から胸の状態を自己検診しておくのも大きな事態を防ぐ手段になります。

骨の内部の悪性腫瘍

医療器具

骨肉腫は、全身の骨に転移しやすいのですが、現在では抗がん剤により転移を抑えることが可能となっています。また、かつては腫瘍の摘出のために手足が切断されていたのですが、現在では部分的に切除して、人工関節に交換するという治療がおこなわれています。さらに摘出後の再発も、抗がん剤によって防ぐことができます。

More...

選ぶ際のポイント

腰痛

梅田は大阪でも随一の繁華街ということもあり、たくさんの内科あります。梅田の繁華街は比較的広範囲に広がっていて、思ったよりも通院に時間がかかることもあります。インターネットのサイトなどを利用して、最適な内科を選びましょう。

More...

なる人が増えているがん

院内

近年なる人が増加している大腸がんを防ぐには食生活に気をつけることが大切です。予防に努めるだけではなく、異常を感じたらすぐに大腸がん検診を受けると良いでしょう。転移が少ないがんなので、早期発見して治療を受けると治すことができます。

More...