なる人が増えているがん|乳癌の治療で治せる|生命を維持する為に!
医者

乳癌の治療で治せる|生命を維持する為に!

なる人が増えているがん

院内

食生活を改善して防ぐ

年をとるとがんになるリスクが高くなりますが、年々なる人が増加しているのが大腸がんです。以前は日本人に多いがんと言えば胃がんでしたが、食生活が変化したため大腸がんになる人が増加したのです。大腸がんは腸内に便が滞留する時間が長いほど発症しやすくなるので、がんができるのを防ぐためには便秘にならないように乳酸菌や食物繊維を多く摂るようにすることが大切です。また肉類は消化する過程で発がん性物質を発生させます。肉類は体を形成するのに必要な栄養素が多く含まれていますが、偏った食生活は健康に良くありません。便に血が混ざっているのを見つけたり便秘や下痢を繰り返すなどの症状が現れた場合には、大腸がんになっている可能性があるので早めに検診を受けましょう。

早期発見すれば治りやすい

大腸がんは進行していない状態で治療を受けると、治りやすいがんとして知られています。また他の臓器に転移しにくいがんです。大腸がん検診を受けてがんを早期に見つけることは、健康を守る為にはとても大切な事です。検診は胃腸消化器科や肛門科、内科などで受けることができます。個人で病院に行って受けることもできますが、自治体などでも大腸がんを行っているのでそういったものを利用するのも良いでしょう。しかし少しでも早く発見することが大切なので、異常を感じたらすぐに医療機関を受診しましょう。病院では便の中に血液が混ざっていないかどうかを調べる便潜血検査が行われ、ここで血液が混ざっていることがわかれば、内視鏡やエックス線を使ってがんが出来ているかどうか調べます。